×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
  • 女性と知り合って、電話番号やメルアドの交換をしたのはいいけど、 「その後の展開をどうしたらいいのかわからない」という男性って、意外に多いようです。 「いきなりデートに誘ったら嫌われちゃうかな?」とか、「まずはじっくりメールで攻めたほうがいいかな?」 なんて悩んでいる方も多いかと思います。 しかし、ここで悩んでいても先には進めません。せっかく女性と仲良くなったのだから、 ここは思い切ってデートに誘ってみましょう。 ここでは、女性をデートに誘う方法など、女性とデートするための基礎知識についてお話します。

■ 女性をデートに誘うには

  • ●気軽にデートに誘ってみよう!
    女性とある程度会話がはずむようになったら、デートに誘ってみましょう。
    実は女性は、男性が思っているほどデートに対する警戒心はありません。
    つまり、気軽に誘っても全然問題ないということです。
    デートに誘うポイントは、あくまでも気軽に誘うことですが、ここで男性と女性の違いが現れます。
    例えば、男性は女性がデートの誘いにOKしてくれると、それは自分に好意を持っていると思いがちです。
    しかし女性は、男性が考えているほど、そんなことは全く考えてなく、意外と気軽に応じてくれるケースが多いのです。
    なぜなら、女性はある程度会話がはずみ仲良くなると、友達感覚でデートに応じてくれるケースが多いからです。
    そして女性は、「デートを重ねることによって、相手の男性と付き合うかどうかの判断をすればよい」と考えるからです。
    つまり、最初は女性に好意を持たれていなくても、デートに誘うことは可能だということです。
    ですから、女性と知り合ってメルアドや電話番号をゲットすることができたら、軽い気持ちでデートに誘ってみることをお奨めします。 そして、デートを通じて彼女に自分をアピールし、そして好きになってもらう努力をすればいいのです。
    逆に男性によくありがちな失敗ですが、一回や二回のデートで「彼女は自分に好意がある」と勘違いして先走る、 というのだけは絶対にやめたほうがいいです。

    結婚できない男たち ~ウエディングドレスABC~
    このブログは、女性に縁がなかったり、女性とうまくお付き合いすることができないという男性向けに、 女性との出会いから上手に付き合う方法、そして結婚をして幸せになるにはどうすればいいのか?をテーマにお送りしていきます。 迷えるあなたの道しるべとなりますように。。。

    デート - Wikipedia
    デート(英: date)は、恋愛関係にある、もしくは恋愛関係に進みつつある二人が、連れだって外出し、一定の時間行動を共にすること。 逢引(あいびき)およびランデヴーとも言う。

    デート - NAVER まとめ
    デートの誘い方、デートコース、デートプラン、テクニックなどステキなデートにするための話題・情報・体験談。

    デートのお出掛けに!【ぐるなびWEBマガジン】 - ぐるなびレストラン検索
    【デート情報の決定版】人気デートスポットやデートコースはもちろん、 夜景のきれいな レストラン紹介やグルメ情報も充実!初デートの誘い方のコツや失敗談など今話題の みんなのデートをぐるなび編集部が厳選して紹介しています。

    ●最初のデートはランチに誘おう
    とはいえ、女性はあまり慣れていない男性と1対1でデートをするときは、必ず相手に対して警戒心を抱きます。
    なぜなら、女性は男性よりも力が弱いので、強引に何かをされると抵抗ができないからです。
    つまり、一回や二回のデートで彼女を落とそうとするのは非常に難しいと思ってください。
    特に、知り合って間もない女性は非常に敏感になっているので、慎重にデートを重ねていく必要があります。
    そこで、最初のうちは彼女の危険信号を刺激しないデートをセッティングする必要があり、それには次の3つのポイントがあります。

     ①最初はランチデートを提案する
     ②デートプランを事前に告知する
     ③帰る時間を事前に告知する

    「えっ!?最初のデートで安いランチでいいの?」と思われる方も多いと思いますが、 最初はランチのような安上がりなデートでも十分なのです。
    なぜなら、上の3つのポイントを守ることによって、女性は安全にデートを楽しむことができ、 そしてデートを誘う段階で安全性を保証しておけば、次からのデートの誘いにも応じてくれるようになるからです。

■ デート時の注意点とは

  • ●聞き上手になろう
    デートで絶対的に欠かせないもの、それは「会話」です。
    当たり前のことかもしれませんが、会話がつまらないと、デート自体がつまらないものになってしまいます。
    こう言うと、「自分は話ベタだからデートは無理だ」と思う方もいるかもしれませんが安心してください。
    結論から言うと、デートのとき男性は、あまりしゃべる必要がないのです。
    というか、むしろしゃべらないほうがうまくいく場合が多いです。
    なぜかというと、女性はおしゃべりが大好きなので、あなたは彼女の話を聞いてあげればいいからです。
    つまり「聞き上手になる」ということです。
    ですから、あなたが話さなくても、彼女が話しやすい環境を作ってあげさえすれば、それだけでデートはうまくいくのです。
    間違っても自分の自慢話や人の批評をベラベラとしゃべるのだけは絶対にやめたほうがいいです。

    ●話に共感しよう
    しかし、女性の話を聞くといっても、ただ聞くだけではダメで、必ず共感してください。
    それには、次のようないくつかのポイントがあります。

    ①会話の内容よりも感情の動きに注意する。
    男性は人と会話をしていると「相手が何を言いたいのか?」と常に探ろうとします。
    しかし、女性は「何を言いたいのか?」というよりも「どんな気持ちで話しているのか?」ということのほうを重要視します。
    例えば、彼女が「昨日、前から欲しかった洋服を買ったの」という話をした場合、 男性は「どんな服を買ったんだろう?」と結論を知りたがります。
    しかし、女性はそんなことよりも「欲しい服が買えて良かった」という気持ちを察して欲しいと考えます。

    ②相手の目や表情を見る
    男性は会話の時に、話の結論を先読みしようと考えて、つい相手の目をそらし、宙を眺めるようなしぐさをする傾向があります。
    一方女性は、相手の目をじっと見ながら、相手の気持ちになって話を聞こうとします。
    つまり、女性との会話では「相手の目を見ながら、相手の気持ちになって話を聞く」というのが基本になり、 相手の目をそらしながら、話の結論を先読みしようと考えてはいけません。

    ③相づちを打つ
    何度も述べますが、男性と女性の会話は根本的に全く違う性質を持っています。
    例えば、男性は男性同士で会話をする場合、お互い理論的に理解ができていれば、聞いている態度はそれほど問題にはしません。
    しかし、女性は違います。
    女性は、聞いているという意思を態度に見せなければ「自分の話は聞いてもらえていない」と判断するのです。
    つまり、女性と話をするときは、必ず話の途中で「相づちを打つ」という態度を取ってください。
    たかがそんなことかと思われるかもしれんませんが、これが意外と大事なことなのです。

    ④結論は彼女に言わせよう
    これも意外と分かっていない男性が多いのですが、女性と会話をしていると、 男性は自分の知識を彼女にアピールしたいという思いから、彼女の話を最後まで聞かずに「つまり、そういうことでしょ?」と結論付けてしまう傾向があります。
    しかし、女性はおしゃべり好きな生き物なので、愚痴を言ったかと思うと相談に変わったり、話がコロコロと変わる場合がよくあります。
    そんな状況で、もしあなたが話の結論を出してしまったら、女性は「私の話つまらないのね」と思ってしまい、せっかくあなたに対して開いていた心を閉ざしてしまいます。
    そうなってしまったら、楽しいデートが台無しですよね。
    つまり、彼女が話始めたら、結論を出したい気持ちをグッとこらえて、彼女自身が結論を出すまで我慢してください。
    デートでの会話とは、話をスムーズに行うことが目的ではなく、話を通じて彼女を楽しませることが目的なのです。

    ●自慢話をしない
    男性は女性によく見られたいという本能から、つい自慢話をしてしまう傾向があります。
    男同士の会話なら存分に自慢し合って、いわゆる話の競い合いをしても一向に構いませんが、女性との会話には、そのようなバトルは不適切です。
    そもそも女性は男性と違って、争いが大嫌いな生き物です。
    そんな女性にいくら自慢話をしたところで「だから何?」と思われるのがオチです。
    女性に好かれたいと思うなら、自慢話はグッとこらえて、相手の話を聞くことに全力を尽くしてください。
    何度もいいますが、デートでの会話は女性を喜ばせるためのもの!これは絶対的なルールです。

    ●批評をしない
    男性は理論的な生き物です。
    一方、女性は感情的な生き物です。
    自慢話もそうですが、もうひとつ男性がやってしまいがちな失敗があります。
    それは「批評」です。
    男同士では、例えば野球の試合を見ながら「俺が監督だったらこうするのに」「いや、俺だったらこうするな」みたいな批評の戦いが成り立ちますが、 先ほども言いましたが、女性は「戦う」ということが大嫌いなので、そのような会話は成り立ちません。
    女性はあくまでも平和を好む生き物なのです。
    また、女性には理屈よりも自分が思った感情を誰かと共有することで喜びを感じるという特性があります。
    例えば、映画を一緒に観に行った帰り道で彼女が「最後のシーン感動したね」と言ったとします。
    しかし、そこであなたが「ちょっと現実離れしていたけどね」などと言ってしまったらどうでしょうか?
    きっと彼女は「私と観たのがつまらなかったんだ」と捉えてしまいます。
    この場合、彼女にとっては、その映画が現実離れしているかどうかはどうでもいいことであって、単純にラストシーンで感動したのです。
    そしてそのことに対して、あなたに共感を求めているだけなので、この場合は「そうだね、感動したね」とだけ応えてあげればいいのです。
    そのように共感することによって、彼女との距離が一気に縮まり、幸せな関係を築けるのです。

    ●ウンチクを言わない
    そしてもうひとつ、男性特有のダブーな会話があります。
    それは「ウンチク」です。
    先程も少し触れましたが、男性は女性によく見られたいという本能があるので、つい自分の知識を相手に話したいという衝動にかられます。
    例えば、「僕はワインのコレクターでね、ワインのことなら詳しいんだ。例えばこのワイン・・・」などと始まってしまったら、女性にとっては「だから何?」以外の何者でもありません。
    ですから、ウンチクも女性に嫌われる傾向があるので絶対にやめたほうがいいです。
    ただし、ウンチクの場合は例外があります。
    例えば、同じワインの会話でも、彼女と同じ年に作られたワインを、彼女の誕生日にプレゼントしてあげる。
    こういった行為は、きっと彼女に喜ばれるはずです。
    つまり、同じウンチクでも彼女のためになるウンチクなら、時には武器になることもあるということです。

■ お奨めサイト

  • ●YouTubeで稼ぐ方法
    【一部引用】
    今、爆発的に成長している『YouTube』の稼ぐ方法&活用法を遂に公開!YouTube攻略セミナー
    日本一のYouTube塾を開催し、20代で億万長者にまで登りつめた、白石達也さんから推薦の声を頂きました!

    【感想】

    私もこのセミナーに参加しましたが、はっきり言って、目からウロコです!
    YouTubeは普段から視聴はしていましたが、ユーチューブに動画をアップするだけで、 こんなにも稼ぐことができるとは、夢にも思いませんでした。
    今では動画をアップするだけで、自動的に収入がアップしています。
    収入とは、広告収入やビジネスに活用して稼いでいます。
    初心者でも簡単にユーチューブで稼ぐことができますので、皆さんもぜひ、参考にしてみてください。

    YouTubeで稼ぐ方法

トップページへ
ジャグラー攻略 髪しっとり方法 カードでお金
  • 女性とデートするための基礎知識 

このページの先頭へ